Pages

2/23/2011

Geek Dogs

 わたしは由緒正しいGeekな犬、Betty。21世紀の犬はみんなそうかもね。
 この家に来て以来、さまざまな電磁波を発する機械と、ありとあらゆるところにくねくねしているケーブルや充電器の数々を見てきた。

これはなに?
このショッピングバッグからすると
わたしたちには無関係ですね。


 それらを格納する箱、果てしなく買い込まれる本やプリンターから次々と吐き出される大量の紙も含めて、決して触ってはいけない。
 人間たちは真剣だから、冗談は通じないってよくわかる。それはでっかい赤ん坊Dennyもすぐに理解したらしく、まったく興味がない。いたずらは皆無だ。


封印が解かれた!逃げるに限ります。
こんなものが楽しいなんて、人間ってやつは。


 先週末最後の入試が終わったAoaoは、その足でパパと待ち合わせして秋葉原に直行。Xboxとかいうゲームの機械を買い込んできた。この半年間(だけ!)封印していたゲームが復活した、記念すべき夜なんだって。
 秋葉原が大好きなこの父にしてこの娘あり。こういうときだけ仲良く出かけていく。


 Aoaoはゲーム中、うるさい。独り言を言うし、叫ぶし、場合によっては跳ね回るし。その辺の子犬より激しい。いちいち反応していても馬鹿馬鹿しいとわかっているので、わたしたちは無反応。どうぞ、ご自由に。


朝の掃除が終わったら、またゲームするんだって。
ぼくより愛してるの?ねえ、Aoao??

 原始人の血が濃いママはゲーム画面に三半規管がついていけなくてだんだん気持ち悪くなるので、別の部屋に逃げている。家族中風邪気味なので、しばらくはこんなGeekな療養生活になるらしい。
 いずれにしろ仲間の受験結果が全部出揃うまで、こころゆくまでお家遊びして、その後ばーんとはじけるんだって。それもそれで、すごそうねえ。


アウトドアなお家にもらわれた方がよかったかなあ。