Pages

3/12/2011

Earthquake Disaster

 ぼくは何度もママに抱きつかれてすごく苦しかったDenny。BettyはAoaoに抱っこされてフリーズしていた。


 本当に大震災が起こった。我が家は偶然家族全員家にいて、しかもAoaoの部屋でぼくたちは昼寝をしていた。ママが飛び込んできて、ぼくを押さえつけて叫びだした。鍵のかかっていない窓がずるずると開いて、キシキシと何かがきしんでいた。後はみんなの叫び声で何がなんだか。ぼくの心臓がママのお腹にあたって、どくどく強く動いていた。


幸い割れたものはなかったけれど
余震対策であれこれ箱の中にしまうことに。
ラブ箱がやっと役に立つ。

 なぜかテレビを押さえてやる気満々のパパ。それは危険なだけでは?やっと無謀な行為に気がついて、玄関のドアを開けたままにするため走っていった。すでにエレベーターは停止。


 でも、ひどく揺れたわりに被害はゼロ。コート掛け以外倒れても割れてもいない。ライフラインも無事。初め電話や携帯がつながらなかったけれど、AoaoがTwitterで情報を得て、結構活躍していたよ。
 お隣も運良くご在宅だった。もしものときはアポロ&ルナ&クラゲを助けなくちゃいけない。


  ママの一族もみな無事が確認できた。進学のため東京に部屋を探しに来ていたママの妹とShunshunは、帰りの特急あずさに閉じ込められてしまった。結局、夜遅く山梨までおじさんが車で迎えにいったんだ。停電で信号も街頭も消えてしまった道を、気が動転して気がつかないでびゅんびゅん飛ばしていたおじさんも、本当に無事でよかった。


 列車で隣の席に信州大学を受験しに行く母娘がいて、足を伸ばして松本まで送ってあげたんだって。そうだよね、受験を戦ってきた仲間だものね。入試は延期になるのかな。


 ずっと余震が続いてマンションは揺れ続け、船酔いみたいな気分なんだ。でも各地の被害を見ていたら、そんな甘えたことは言っていられない。我が家の人間たちは被害状況がわかるにつれて無言になっていった。ぼくたちの仲間たちもきっと被災しているはずだ。


 あさってからの初めての犬のリーゾトホテル行きはキャンセルした。こんな時だからキャンセル料は結構ですって。向こうは一晩停電した以外被害はなかったそうだよ。
 ぜひ、またいつか。今は、我が家でも何か出来ることはないか、寄付でも何でも考えてみるんだって。

4 comments:

むくあね さんのコメント...

Hassakuさま
ご家族の皆様、Betty&Dennyくん、ご無事でなにより、本当に安心致しました。
大変な災害になりましたね。
私は帰省するために家を出た直後に地震が起き、東京から出られなくなりました。
すぐに実家に連絡した所、母はむくを連れてお買い物の途中で、むくが一人でお家にいなくてよかったと本当に安堵でした。
Hassaku家も、みんな一緒の時で本当に良かったです。
お誕生会、いつかまた叶えましょうね。
まだ余震もありますので、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

hassaku さんのコメント...

むくあねさん

本当にご無事で何よりです。
むく君、ママと一緒でよかったですね。
おそらくご主人が帰宅できずに
一晩過ごしたペットもいたことでしょう。

家族と離れていると連絡がつくまで
本当に不安ですね。
私も実家の全員と連絡が取れるまでの
数時間があっという間でした。

みんなでこの危機を乗り越えて行きましょう。
どうぞお気をつけて。

わんわんち さんのコメント...

Dennyくん 1歳のお誕生日おめでとう。
また、元気で会おうね!!

hassaku さんのコメント...

わんわんちさん

りょうくんもおめでとう!
1年前は踏んづけたり押しのけたり
わちゃわちゃの頃ですね。
またいつの日か、みんなとお会いして
子犬の頃のように一緒に遊べますように。