Pages

4/05/2011

Spring Blossoms

 ぼくは2度目の春を迎えたDenny。去年の春の今頃は、兄弟たちとおっぱい争奪競争に明け暮れていた。


たぶんぼく。Aoaoと始めての出会い。


 この春は厳しい試練をこの世に与えて、誰もがあたりまえだと思っていた毎日が突然失われてしまった。みんなで支えあってじりじり立ち上がろうとしている今、ようやく陽射しが明るく暖かくなって、桜も咲き始めているね。
 昔の中国の詩人のように、人間は春の花から若い生命を連想するんだって。


Cookieの思い出に育てた南京花桃
1年前の温室育ちのころ。
今年もまたつぼみをつけました。

 何があっても若い世代は活き活きと前進していく。むこうみずで危なっかしいところもあるけれど、どんどん開花して実をつけてください。しっかり上の世代がサポートするから、新しい世界を作っていってください。


花後、ベランダ育てたので開花はゆっくり。
白いほうの花のつぼみもふくらんできた。

 このぼく、少年Dennyにママが贈ってくれた詩は白居易の「春夜」の一部。

  背燭共憐深夜月  燭を背けて共に憐れむ深夜の月
  踏花同惜少年春  花を踏みて同じく惜しむ少年の春


 精進をさぼって仲間と遊んでばかりじゃいけない。あっという間に若い時は過ぎていく。でも毎日こんなに楽しいんだよ。ねえ。

濃いピンクのほうの花は咲きはじめています。
さあ、冬は終わりました。

 娘盛りのBettyにはこの古い詩を。花も恥らう、もうすぐ3歳。

カブトムシの妹みたいだったパピーBetty。

  桃之夭夭  桃の夭夭たる
  灼灼其華  灼灼たり 其の華
  之子于帰  之の子 于に帰がば
  宜其室家  其の室家に宜しからん

 咲き誇る桃の花のようなこの娘は、いいお嫁さんになりますよって・・・、Bettyはちょっと手ごわいと思いますが・・・。もうちょっと穏やかに、寛容にね。


Anny&Juddyのママからいただいたイチゴの苗。
つぎつぎと色づいていますが、
ベランダの常連のムクドリが食べちゃう。

 さて、気だけ若いパパとママは劉廷芝の「代悲白頭翁」をもう一度読んで、よく考えてください。この詩がこたえる年齢になったのです。無理して若い世代と張り合わないで、一歩引いてしっかり支えてあげてくださいね。正直言って全文読むといささか落ち込むので、ほんのさわりだけ。

 
 年年歳歳花相似   年年歳歳 花相似たり
 歳歳年年人不同   歳歳年年 人同じからず
 寄言全盛紅顔子   言を寄す 全盛の紅顔子
 應憐半死白頭翁   応に憐れむべし 半死の白頭翁
 此翁白頭眞可憐   此の翁白頭 真に憐れむべし
 伊昔紅顔美少年   これ昔 紅顔の美少年