Pages

5/10/2011

A 55/45 Situation

 たしは、お出かけの予定がどんどんつぶれるほど、大騒ぎのゴールデンウィークを過ごしたBetty。
 迷い猫の登場だけじゃなくていろいろあって、Dennyは、ストレスで結構ひどい下痢をしてしまった。結果として、わたしは見守るしかなかったけれど、騒然とする人間たちの中でよくがんばったって一緒にほめてもらった。くわしいことはおいおいと。

 ママが母の日にもらったのは、Dennyにずっと添い寝する時間だった。
もう大丈夫。
葛湯に重湯、お豆腐、ささみ、レンコンに山芋、りんご。
大事を取って少しずつしかもらえないけれど、
もっともっと欲しい!
わたしも気疲れしました。
いろいろありすぎのGWでした。

 さて、疲労の色が隠せない犬組と違って、子猫の生命力はすごい。名前はつけない方がいいんだけれど、とりあえずEmilioって呼ばれている。だから、つけちゃだめなんだって。

すっかりシリンジ猫である。
押し方が弱くて出が悪いと怒る。
冷めていると不機嫌な声を出す。
哀れなママは湯せんしているよ。
人差し指と親指で丸を作って、首を支えると飲みやすい。
誤飲防止のため仰向けには出来ないから、面倒なんだ。
肺炎になっちゃうんだって。
我が家のシリンジがついに壊れた今日、
シリンジをAnny&Juddyから差し入れしていただきました。
同じ歯磨きパウダーを使っているんだよね。
おととい。一度やってみたかった体重測定。
きのう。Emilio、出るんじゃない!
足腰が丈夫になり、高速で歩く!
初日は這い回る感じだったのに。
今朝。毎朝測るとだいたい10グラムずつ増加している。
ときどき大きい方がお尻についちゃうので、
腰湯をする。気持ちいいらしい。
ラブ箱から余裕で飛び出せるようになったので、
コストコで箱を調達。
豪華1LDK仕様になった。
Emilioとしては広いリビング。
病院の先生によると、使い捨てカイロによる暖房は
まだ継続するべきだって。
ママの古いジャケットのファーのカフスを寄付。
汚れても2つあるから洗い替えが可能。
シャンプーしてドライヤーで元通り。

スキー帽とファーカフスにもぐってもにょもにょして寝る。
奥のタオルの下にカイロを内蔵している。

 今日はEmilioを動物病院でもう一度見てもらった。初めてお会いする代診の先生は猫にとても詳しいらしく、育て方のアドバイスをたくさんいただけた。
 もうミルクタイムは4-5時間おきでもいいんだって。気になる右目の炎症を抑える薬をもらって、おそらく患部をこすってしまう小さな小さな爪を切っていただいた。たまたま出たうんちも合格だったので、ほっとしたママ。

 先週以来、いろいろな方からアドバイスをいただいている。これもEmilioが運の強い猫だからだね。引き続きご教授くださいませ。 

 長い長いゴールデンウィークが終わった。お疲れさま、みんな。普通の日々を始めよう。そしてEmilioの新しい家族をみつけようね。