Pages

5/18/2011

Spaghetti Genovese

 ぼくは涼しい場所を求めて、家中をさまようDenny。
 午前中のリビングがだんだん暑苦しくなってきた。体温調節がまだ苦手なEmilioのために窓全開とはいかないので、朝は涼しい西側の部屋のどれかでのんびりする。Bettyも今日はこっちに来ていた。

もう一匹でも違う部屋で昼寝ができる。
でも、夜はいやだよ。
ママとBettyと一緒じゃなきゃ。


 さて、Emilioの里親候補の方からお話があって、今回のご縁はなかったことになった。
 一連の大騒ぎでとてもご心配をおかけして、悲しい思いをさせてしまった。ママはお気の毒でしょうがない。

 でも、異常をすぐご連絡いただいて、慣れた環境に戻していただいたおかげで、恐ろしいことにならずに済んだんだ。
 ずっと子猫を探していて、今回大喜びで家族に迎えたというだけに、とてもつらい決断だったと思う。Emilioの今後の健康を第一に考えてくださって、本当にありがとうございました。

Bettyはすぐママのいる部屋に戻る。
本当のところ、
ひとりぼっちが嫌いなのはBetty。


 そこで、ママは余計なこととは思いながら、最近はインターネットに猫の里親募集サイトがいろいろあることをお話した。写真や月齢、健康状態などの情報もあるし、なにより経験豊富なボランティアスタッフついている。
 いままでご覧になったことがないらしく、大変ご興味を持たれたようだ。2ヵ月ぐらいのもう少し大きな子猫を探してみるそうです。どうか、すばらしい出会いがありますように。

 まだまだ手のかかるEmilioは、もうしばらく我が家で成長させないと。それから、これからの身の振り方を考えよう。
 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 ママがBettyをかわいがると、ぼくも!ぼくも!って駆け寄って甘えたくなるんだけれど、Emilioは何だか別なんだな。うーん、うまく説明できないや。
じわっじわっと大きくなってきた。
太らせて食べてやるぞお~。
え、腰抜けDennyには無理だって??


 真夜中の2時、ちょっとミルクの飲みが悪いな、と思ったら、Emilioはまるでジェノベーゼスパゲッティのような色をした長ーいウンチ(約5cm)をした。(イタリアン好きなみなさま、こんな例えをするママは最低です。)
 ついに出た。途中に硬い部分もある。詰まっていたね。よく考えると感動的な場面なのに、眠くて眠くて、写真を撮ることも忘れていたママ。

 後は目ヤニかな。きのうから両目からたっぷり出ている。疲れると目ヤニ??ママは老眼なので、傷つけないように取ることができるか不安なんだ。Aoaoの役割になる。でも、ぱっちり両目が開いているので、保護した時の炎症とは違う感じ。

 ゆっくり寝て体力も免疫力もつけていこう。様子をみながら6時間ぐらい空けられるかも。