Pages

11/26/2010

Embarrassment

 わたしは人前では、よいこのふりがちゃんとできるBetty。本当は挙動不審な気弱な犬を見ると、ついついすごんじゃう。そばにわたしの仲間の犬がいようものなら、勇気凛々、強気で攻めていく。
 ママは早めにおやつで気をそらすけれど、間に合わないと、弱いものいじめの本性がばれちゃう。まあ、犬なんてそんなものでしょ。

 犬が多いこの町では、散歩の時間によってはつぎつぎと仲良しに会う。きのうもM・ダックスAnny & 英ゴルJudy姉妹、ご存知ずっちゃんファミリーのくま&かめ(実妹Cameron)姉妹、キャバリアのリリンとうちのエントランス前で出会った。

ちょっと前まで、遊びに誘う時、
肩に手をかけていたんだけれど・・・

 わたしは、お行儀の悪い犬とその飼い主について、ママがえらそうに講釈をたれているのを、うんざりしながら聞いていた。やがて、せっかくCameronに会えたから、Dennyを連れて来ようという話になった。やれやれ選手交代。ママの長話につきあうのも大変よ、まったく。
最近は上から「どすっ」と
つぶしにかかる。
マウントはしない。こわいから。
 
 Aoaoが家にいたのでわたしを預け、大急ぎでDennyを連れて下りたママ。エントランスの自動扉を抜けたとたん、たくさんの仲間に会えるなんて、Dennyは幸せな犬なんだから。

 そこにはお隣のゴルのアポロ&黒ラブのルカの飼い主さんもいた。Dennyはこのお隣の優雅な奥様に会った時だけ、通称「ウレション」をしちゃう。
わたしはDennyの体の下をくぐって
猛烈に反撃をする。

 Dennyは大喜びでびょんびょん飛び跳ねながら、みなさんにあいさつしているうちに、「ウレション」がいつのまにか本物に変化してきてしまった。やいやい、ここは天下の往来だ。曲がりなりにも町内会長の犬だろってパパが泣くよ。

 Dennyは無理やり引きずられて植え込みの陰に。「じょー」ってよく出るよね。さっき家でもしたはずなのに。
 「もうすぐ雨が降るから、どうか許してください」って、ママ、えらそうによその犬のお行儀なんが論じている場合じゃないよ。
これ、枕じゃないんだって。

 お気楽Dennyと頼りない飼い主を心配してか、Mrs.ずが去勢手術後に使うように、浮き輪の形のカラーを持ってきてくれた。エリザベスカラーよりも使いやすそう。愛情いっぱいのお心遣い、ありがとうございます。

 わざわざ家までお持ちいただいたのに、Dennyがまたびょんびょん跳ねてお騒がせしました。わたしもドアをこじ開けて出ていって、「うりゃうりゃ、何者じゃあ!」ってすごんで申し訳ありませんでした。