Pages

11/04/2010

His Weak Point

 わたしは多少の変化には動揺しないBetty。でもママが動揺すると、すごく影響されちゃうんだけれど。

 今日の午後遅く、どこかのフロアにお引越しがあったらしい。運送会社のスタッフが青い養生のシートをエレベーターやエントランスに貼って、トラックが2台横付けされていた。

 わたしは、失礼します!ってあいさつして家具を運んでいくお兄さんを横目で見ながら、ママと散歩に出た。引越しや工事でよくある風景だものね。マンション犬ならごく普通の日常なの。

丸くなって寝るの。
今日はなんだか冷え冷えする。
散歩で体が温まるのは人間も同じ?

 さて、選手交代。何の気なしに二番手のDennyを連れてエレベーターに乗ろうとしたママは、もしや・・・と不安になった。

 気がつくのが遅いね、ママ。

 ドアが開いたとたん、見慣れないものが怖いDennyは腰が抜けてしまった。エレベーターがおかしなシートで武装している!!

 哀れDennyは、ほとんど足で押し込まれるようにしてエレベーターに入ったらしい。中では中腰で尻尾を丸めて恐怖の顔。途中の階でお会いしたお散歩仲間のおじさまに笑われながらも励ましていただいて、その影に隠れるようにして外で飛びだした。ところが、そこには大きなトラックと家具、箱、知らない人間たち。悪夢としか思えない

 駐輪場に駆け込んで引きずり出され、さっきのおじさまの後を追って全力疾走し、おしっこもせずに逃走を続けた。

 引越してきた方がママとDennyの姿を見たら、おかしなマンションに来たのかもってあきれたかもね。
夏はひたすらへそ天で寝ていたけど、
最近は丸くなって寝たりする。
散歩ではママの立ち話にも
つきあえるようになった。
長くて長くて腹が立つよ。

 家から離れてしまえば、お散歩中は余裕いっぱい。シュナウザーのビビお嬢にも横飛びして遊ぼうコールをしたし、ラフコリーのリタコゲ姉妹にも甘えてみたりしたお調子者Denny。

 30分後、家の前にはあのトラックが2台、まだ作業中。視界に入ったとたんにお尻を地面につけて、Dennyは「ぼくは歩けません」体勢に。

 それでもママにお菓子で誘われて、ほとんど目をつぶるようにしてエントランスに飛び込んだ。意外に素直でしょ。

 エレベーターでは、今度はやさしいおばさま方がご一緒してくださって、大丈夫、大丈夫って声をかけてくれた。「まだ7ヶ月なんだものねえ。」だって。いろいろ目撃されていて、君がでっかい弱虫なのは有名だからね。

 なんだか、すごく甘ったれている。大きな赤ちゃんぶっている。