Pages

12/21/2010

The beginning of the end of the year

 わたしは今年も年末進行の家族につきあってあげるBetty。日本の伝統なのか大掃除のプレッシャーが、ひたひたとママを包み込むこの時期は何かと犬も大変なのよね。

 この1ヶ月ぐらい気になる場所があっても、ママはどうせ大掃除をするんだからと見てみぬふりをしてきた。おかげで、さらに手のかかる状態になっていたりする。キッチンの引き出しとか、冷凍庫の霜とか。

 ママのささやかな仕事も仕事納めになったので、もう大掃除をじわじわと始めるしかない・・・らしい。

 今日はDennyの爪やエリザベスカラーで、ところどころはがれた壁を塗ることに。筆でちょんちょんなんだけれど、乾くまでわたしたちはサークルに隔離された。

正直に言うと
私たちのバトルで傷ついたところもある。
有毒な匂いもないし、すぐ乾くからいいけどね。
Dennyのトイレで待つのはちょっと・・・。

 なるべく犬にも人にも有害な洗剤は使いたくないらしいので、これから重曹やらメラニンフォームやらが大活躍する。窓ガラスについたわたしたちの鼻の跡は、毎日更新されるから大晦日でいいかもね。パパにもなにかお役目を残しておかないと。

 そうそう、Dennyが破った網戸はどうするのかしら?張替えもママは自分でやりたいタイプだけれど。

 加えて今は、受験生のストレス解消にずいぶん貢献している。

 「犬がいるとお嬢さんも癒されるでしょ?」なんてのどかな質問をママはよくされている。本当はね、うちのママは「癒される」って言葉には構えちゃうの。流行の言葉として気軽に使っていいのかなって思うらしい。長野県民らしく屁理屈が好きなママですね。

 実際はAoaoが叫び声をあげつつ突進して、2匹相手に豪快に戦っては気分転換している。

 我が家で一番強いAoaoだから
遊ぼうって誘われたら断れない。
むやみやたらなDennyのジャンプは
すごく邪魔なんですけど。

 以前、わたしがこの家に来たばかりの頃、Aoaoは一緒に遊んでいて、なぜか勝手に足首をひどく捻挫した。
 それは楽しみにしていたオーストラリア研修旅行の2日前の夜。一晩中冷やしに冷やして、朝一番で病院に駆け込んで診てもらって、湿布を山ほどスーツケースに入れて出発したんだよね。現地に着くまでに腫れも痛みも楽になって、学校のみなさんに迷惑をかけずに済んで本当によかった。


 どうやって3カ月の子犬とそこまでお馬鹿な遊びができたのか、いまだに謎だけれど。本人もわからないらしい。どこが癒しだって感じでしょ。


 今回はさらに愚かなことをするのではないかとママは疑っていて、AoaoにはDennyの散歩をさせていない。でもこの調子じゃ、家の中でも危ないかも。


 左利きだから左手だけは守れ!って言われているよ。本当に気をつけてよね。