Pages

12/06/2010

The Last Elizabeth

 ぼくは今晩でいわゆる「エリザベス:ゴールデンエイジ」状態が終わるDenny。

 少し余裕が出たママはMrs.ハリィのお家をお訪ねしてきた。ぼくを定期考査中のAoaoに任せて、犬仲間との楽しい午後を過ごしたらしい。Aoaoに見せると怒られるから写真は撮らなかったけれど、すばらしいおもてなしだったとか。

 ハリィ大王が亡くなって、もう1ヵ月。あっという間のような、ずいぶん経ったような。思い出話はちっとも尽きない。ぼくのエリザベスカラーの圧迫から逃れてお気楽になったうちのママは、またもや勝手なことを言いたい放題だったようです。同席されたみなさん、心がやや狭くていささか偏っているママをどうぞお許しください。

ぼくたちには鹿肉ジャーキーを
おみやげにいただいた。
最高です!

 はしゃぎすぎた天罰がしっかり下って、ママはついに結膜下出血が始まった。これはAoaoの中学受験の嵐の中初めて発症した。それ以来、長期間に渡って精神的肉体的に疲労がたまっている時、やっとゴールが見えて少し気が抜けたようなタイミングで起こる。
 ぼくが来てからは初めてだよね。出血が吸収されるまで約一週間ヴァンパイヤ状態で辛抱しなくちゃね。

 ぼくの夕方の散歩で力が入ったら、出血が広がってますます不気味だ。明日はこれでAoaoの学校にいくんでしょ。この時期目が血走った母親は怖いよ。

 ふふふ。過剰にはしゃぐのは、ぼくだけじゃないねえ。さあ早く寝ましょう。