Pages

12/05/2010

Vivien Lili??

 わたしは、もう一週間も弟とバトルしないで見守った、超おりこうBetty。ぴっぱりっこしないようにおもちゃも全部隠されたので、本当に地味な毎日だった。


 でも、散歩に出るといろいろなことに出会う。今朝はスタンダードプードルのLiliの新しい家族に会った。Mr.マックがそばで見守って、小学生のお兄ちゃんがみごとに散歩させていた。

真っ白でゴージャスなVivien。
わたしは静かにあいさつしたのに、
Dennyは息が荒くてごめんね。

 それは先日のラブラドールのLoveと同じ保護団体からやってきた、スタンダードプードルの4才ぐらいの女子。2年前引き取られたLiliも同じくらいの年齢だよね。名前はなんとVivien。出来過ぎのネーミングなので、誰がつけたのかMrs.マックに聞かなくちゃ。


 Mr&Mrsマックは亡き黒ラブの王様マックの頃から、我が家とはお互い3匹目のお付き合いになる。Cookieの初恋の王様マックは、本当に大きくて格好よかったんだって。お目にかかりたかったなあ。


 VivienはLiliより一回り大きくて、実に優雅にわたしたちのあいさつを受けてくれた。あまり引っ張らずに上手に歩くとか。聞いている?Denny & パパ?
 丹波の山の中でのびのびと育ったらしいけれど、ここに来るまでどんな事情があったのかしら。でも、このクリスマスは素敵な家族と一緒だね。
 わたしは強気のLiliの妹分のつもりなので、これからVivienにもついて行きます。この町を一緒に練り歩きましょう。でも、Dennyはとろいからお留守番ね。


 さて、朝からこのすばらしいニュースにごきげんになったパパとママは、ひさびさに美術館の旅に出た。


 まずはホテルオークラ集古館で開催されている「マイセン西洋磁器の誕生」。いつもお世話になっているAnny & Judyの飼い主さんの器が貸し出されて展示されている。詳しくは彼女のブログから。改めて拝見すると、本当に品のいいセピア色だったとか。花の繊細な描写は見事。派手な色につい惹かれてしまうママには、いい勉強になりました。


 そしてなぜか、ママは「パグを抱くクリノリンスカートの婦人」という磁器の置物のパグに注目。頭が小さくて足が長い!250年前上流階級の愛玩犬だったというパグも、そのスタンダードはだんだん変わってきたのかしら?


 シックなツリーがロビーに。
すこし背伸びして都心のホテルに足を踏み入れていた
かなり若い頃を思い出したママ。

 20年前友人の結婚式で訪ねて以来のホテルオークラだったので、今度は25年前学生時代に訪ねて以来の根津美術館へ。

 数年前に改築されたそうだけれど、仏像や茶室のある広い庭園はそのまま。南青山なのに紅葉の山の中を散策している気分になれる。
ここは本当にBLUE NOTE TOKYOの近く?
何十年たっても不思議な気分になる。

 鎌倉から江戸にかけての風俗画のコレクション展がちょうど開かれていた。なかでも「舞楽図」の構図の大胆さはすごいらしい。「欲しい!」って言われてもね、パパ。
 それから「犬追物図」にわたしによく似た黒い犬がいるって。ってことは、わたしが獲物?サムライ日本は犬的に間違っている。


 お昼はNEZU CAFÉ。昔のサンルームがあった場所に作ったとか。庭園の紅葉を見ながら軽く食事を取ることができる。極めてシンプルなお店です。


 巨大エリザベスカラーに追い立てられ続けのママには、ひさびさの人間らしい世界だったみたい。さあ、あと2日。抜糸までがんばって!

2 comments:

むくあね さんのコメント...

こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
Denny君の兄弟、むく家の次女むくあねと申します。
いつも読ませていただいてました、ご挨拶が遅れてすみません。
この度、慣れないながらもむくのブログをスタートさせました。
もし良かったら、のぞきにきてください!
Denny君、エリザベスあとちょっとの我慢ですね!

hassaku さんのコメント...

むくあねさん

はじめまして!
Dennyの母です。
むく君もやっぱりDennyにそっくり!

我が家の御曹司は海老蔵Dennyとなって
エリザベスカラーと共に暴れています。
ぼこぼこになっているのは人間の方かも。

とんでもない弟ですがどうぞよろしく!