Pages

9/24/2010

The Triple Axel

 わたしは、夕べママの布団にもぐって寝ていたBetty。秋が急にやってきた。

わたしはとても寒がり。
もう床で昼寝するのはいや。

 そうしたら急にDennyが元気倍増した。わたしとばらばらで散歩に出ても、前よりよく歩くらしい。

 だれにも会わなければヒールポジションで歩ける。しかし、本当はよその犬のマーキングチェックで頭がいっぱいみたい。
 公園ではママの周りを走り回って、リードを持つ手が脱臼しそうになる。ここは適当に遊ぶ場所だって覚えたんだね。

 先輩犬たちに会うと、ぴょんぴょんはねている。飼い主さんにも、「ごきげんよう」っておおげさにはねてみせる。
 お姉さん犬たちは暖かく見守ってくれるけれど、お兄さん犬たちはあきらかにウザイって顔をしている。まだ子ども扱いだから意地悪はされないけれど、同性同士は微妙なんだよね。
 わたしに対する反応とまるで逆らしい。不思議なことに相手の飼い主さんたちは、その差に気がついていないみたい。

 そうか、リードを持っているから、自分の犬の顔はわからないんだ。だから、成長したら雄同士で急にけんかになったとかって言うのかな。いえいえ、ウザイっていうサインはもともと十分出ていますよ。

先輩ばかりだから気疲れするんだよね。
ぼくはマッチョなおじさんより
美人のおばさまが好き。

 さて、ついにDennyのこのトリプルアクセルが炸裂して、ママは10年ぶりに唇を切った。
 先に散歩に出たわたしたちが、帰ってきて玄関にはいったとたん、待ち飽きていたDennyは助走から見事に踏み切ってジャンプ。

 Dennyはのろまだから、あいつのジャンプなんかたいしたことがないと、すっかりたかをくくっていたママ。だから言ったでしょ。のんびりだけれど、やることはやるんだって。成長し続けているんだもの。

 「うっ」っと言ったきり、唇を押さえて硬直するママに、様子を見に来たAoaoはおなかを抱えて大爆笑している。人間と違って空気が読めるわたしとDennyはフリーズした。思わず並んで座っちゃった。

 ほらほら、口の中塩味。恐る恐る歯が折れていないか確かめているよ。ものすごいお怒りのオーラが玄関を包んでいく。ママは怒ると口をきかないけど、これが怖いんだよね。

 でもね、これはしつけの問題でしょ。犬に飛びつかせないのは基本の基本。10年前の教訓はどこに行ったの?次はピアスに来るよ!

表参道ヒルズで見て懐かしくなって
こんな小僧にエルメスなんか
つけている場合じゃない!

20年前のカレだって
わたしなら似合う。
新しいのを買いに行こうなんて
のんきな場合じゃない!

2 comments:

wanwanti さんのコメント...

お互い気をつけましょうね!
油断していると、負けてしまいます。
最近は力もついてきて、ちょっと、困ってます。

あぁ~私も体を鍛えなくては・・・

hassaku さんのコメント...

わんわんちさん

Bettyを追いかける時の引っ張りは
びっくりするほどです。
お姉ちゃんが大好きなのはいいけれど・・・。

こっちの体力の限界に前に
なんとかしつけを入れないと!
がんばりましょうね!