Pages

9/30/2010

Bedtime Stories

 ぼくは雨に濡れたことのないDenny。今日の夕方は散歩ができないなあって、なぜママがため息をつくかわからない。
 散歩に行けないならBettyと遊ぶ。家の中で息切れするまで遊ぶのは変かな。

これはひと遊び終わって寝技になった時。
ピーク時は激しすぎてカメラに入らない。

 我が家の人間は犬と一緒に寝ている。本当はいけないことらしいけれど、冷え性だから仕方がないって言うママは自分勝手だ。
 自慢しちゃうけれどBettyもぼくも、赤ん坊の頃から夜中に寝室でおもらしをしたことがないからね。野生の犬の仲間は巣穴を汚さないって、ちゃんとインプットされているんだ。

 でも、この夏の間はとても無理だった。フローリングの上じゃないと我慢できない。ぼくだけひとりで涼しいところを探して寝ていたんだ。Bettyとぼくの体感温度は相当違うんだなあ。
 最近は涼しくなってきたから、ぼくもベッドの上で寝てみる。もっとも羽毛布団の中に入るのは無理。

 

ベッドの上でぼくに踏まれるより
Bettyに踏まれた方が痛いでしょ。
ハイヒールみたいに小さな足だから。

 そうそう、ぼくは最近ベッドに上れるようになったんだ。Bettyはその場ジャンプで軽々飛び乗るけれど、ぼくにはできない。このベッドがちょっと高いからいけないんだ。
 もちろん、ぼくをだっこして上げるのはママにはもう無理。そこでママは、助走をつけて飛びのることをぼくに身をもって教えたんだ。

 夜中に「それ!」ってベッドに飛びのるママとぼく。これもやっぱり変だよね。


ふとんの中なんて苦しくないの?
赤ん坊の頃兄弟たちと
重なっていた頃を思い出すの?

 Bettyは羽毛布団とママのふくらはぎの間にもぐりこんで寝る。小さく猫みたいに丸くなってね。暑くないのかな?

 ぼくのお気に入りはママの枕の上。ヘッドホンのようにママの肩から頭の上をぐるっと巻いて抱えて寝るんだ。写真が取れないのが残念だけれど、すごい光景だと思うよ。

 お互いに妙に落ち着いてよく眠れるんだけれど、問題がひとつ。

 ゴールデンはラブより音に対して敏感に反応する。そう、パパのいびきだ。
 同じトーンで続いているうちはいい。音の高さや間隔が変則的になると、ぼくは寝ていても体がビクッとしちゃうんだ。その度ママは頭全体を刺激される。眠れないじゃないの!って今朝は特に機嫌が悪い。

 うるさいなら耳栓でもしてくれよってパパはママに言うけれど、ぼくは耳栓できないからねえ。パパがなんとかするべきだね。

2 comments:

わんわんち さんのコメント...

いきおいをつけて飛び乗るって素晴らしいじゃないですか・・
それって良い技術ですよ。一緒に寝ると暖かくて気持ちいいですもの。。
りょうも最近はお布団の上で寝ています。
寝坊ですから朝、揺り起こさないと目覚めないのですが・・・

hassaku さんのコメント...

わんわんちさん

犬を揺り起こすなんてうらやましい!
なんて優雅な朝でしょう!!

わたしは娘のお弁当を作るため
朝5時に起きているのですが、
彼らは4時半ごろから
じっと様子をうかがっています。
目覚ましのビヨンセの歌と共に
私の体の上で2匹でバトルを始めます。
どうしてこんなに粗暴な家族なんでしょう。