Pages

10/20/2010

Accidental Ingestion

 わたしはとにかく早食い大食い女王のBetty。「おなかいっぱい!」ってどういう気分なんだろう。

 Dennyはまだこどもなので、1日3回ごはんを食べる。つまりお昼ごはんもあるってこと。

 わたしはそれを黙って見ていられるほどおとなじゃないので、ママはDennyのごはんをほんの少し分けてお湯で薄めてスープとして飲ませてくれる。
 まあ、量を比べて文句言うほど人間っぽくないので、これはこれで仕方がない。

ガツガツガツってこういうこと!
本当に音が出ています。

 今日も2つ並べて出されたんだけれど、勢い良く食べ過ぎて自分のフードボールを落としてしまった。ボウルの下にはめ込まれた滑り止めラバーが緩んで落ちてしまったわけ。
 手作り食は水分が多いので
量が多くなる。
必然的に容器も大きい。
  ママがキッチンペーパーで飛び散ったスープを拭いている間、もちろんわたしもせっせとあたりをなめ続けて後片付けしていたし、Dennyは平然と自分のごはんを食べていた。

 ふと、気がつくとオレンジの滑り止めラバーがない。
「誰が食べたの?」ママが脱力感いっぱいでわたしたちに尋ねるけれど、そんなこと知らない。とにかく食べちゃったのよ、目の前のものを。っていうか、全部呑んでいるから。

このフードボールは斜めになっていて、
犬の首にもおなかにもやさしい。
ラバーがひとつないので
さらに斜め。

 ママももう慣れたもので、あのぐらいの大きさなら、そのうち吐くか、数日後に下から出てくるって思うことにしているみたい。下から出たらさすがに使えないでしょ。

 かつてCookieは子犬時代にAoaoのバービーのハイヒールを片方誤飲した。その時はだれも気がつかなかったんだけれど、夜中にひどい音を出してそれだけ吐いた。ショッキングピンクが胃液で脱色されて白っぽくなっていたらしい。すごく小さい靴だったらしいけれど、ヒールがひっかかったのかな? 

 わたしは子犬の頃お風呂に忍び込んでいたずらしていた。洗顔用のシリコンラバー直径3cmも体内を通過させた。置きっぱなしだったパパのシェイバーはさすがに飲み込めなかったので、くわえて走り回った。忍者犬じゃあるまいしって、ママはパパをぎゅうぎゅう締め上げた。

 Dennyはイケアのぬいぐるみたちの綿を引きずり出している。下から毎日出ているよね。ラグをほどいて長い糸も引き出しているけれど、これはそう簡単には飲み込めない。洗顔用のヘアターバンもやられた。ビヨーンって伸びるのがいいみたい。Aoaoが激怒している。あいつはファブリック専門かしら。

 さて、どっちが呑んだのかな?わたし記憶がないんだけれどねえ。

 
今日もひんやりした風が吹いている。
Dennyはちょうどいい枕。

 ところで、またDennyがクレートから抜け出した。確かに閉めたのを確認して出かけたママは呆然としている。かなり脱力感が増してますね、ママ。