Pages

10/12/2010

The Last Sports Day!

 ぼくは一人前によそゆきのいいこになれるDenny。

 すばらしい秋晴れだった昨日、Aoaoの最後の運動会観戦に都心に向かったパパとママ。ぼくたちはなんとお迎えつきで、早朝からご近所に分散して預かっていただいた。手作りごはんやおやつ、おもちゃ、そしてトイレも持参してお邪魔したんだ。

 Aoaoの学校は坂の上。
坂の下にビルがにょきにょきできた。
けっこう距離はあるけどね。

 みなさんのご好意で早く出発できたので、保護者入場時間前に行列に並んで見事に椅子席をキープできたんだよ。
 喜んだのもつかの間、秋とは思えない日差しが早起きの親御さんたちを正面から焼き始めたとか。だれもが我が子を観るためこらえつづける。
 帽子を忘れたママは、サングラスをして麻の大判ストールを頭から巻いて、信じられない格好で見るしかなかった。

 思わず中座して学校周辺のお店で一息。おいしいお店が周りにたくさんあるから、これが毎年の楽しみだとか。あまりの暑さにママは何年ぶりかでブラウンビールを飲んで、生まれて初めて「おいしい!」って思ったそうだ。苦いのだめなんだよね。ところで日本酒やワインは苦くないの?

  そんな時にぼくたちの写真が送られてきた。そう、ぼくたちいいこにしていたんだよ。

キック女王愛用のソファをお借りして昼寝。
枕までついてます。

 BettyはMr.キックにはじめは緊張したけれど、ごはんもいっぱい食べたし、いっしょに遊んでもらったりしたんだって。
 でもどうしてもおトイレを使えない。うんうん、前にもママの実家でずっとトイレに行かなかったらしい。妙なところが頑固なんだ。
 Mrs.キックにずいぶん心配していただいて、トイレ散歩にも出してもらったらしいけれど、しない時は意地でもしない。

お昼寝するお兄ちゃんの横で
いいこのカメラ目線。


 ぼくは、「ハリィ大王にいたずらしたらどうしよう・・・。」ってママがひどく心配していたけれど、けっこういいこにしていたよ。相手のテンションに合わせるのはできるんだ。ハリィ大王はのんびりリラックスしているから、ぼくも落ち着くんだ。

 でも、ハリィ大王のお世話をしているMrs.ハリィが気になっちゃって、「なになに、ぼくもぼくも」って、のぞきにいきたくなるんだなあ。トイレも上手にできたから、大目にみてよ。

 やがて、男子の目がなくて、のびのびしてはじけている女の子たちの最後の運動会が終わった。彼女たちにはもう一生こんな機会はないんだって。二度と戻らないこの時がどんなにすばらしいものか、観戦していた親世代の方がわかっていたのかも。

保護者席の前にはコスモス。
蝶だけじゃなくてミツバチも飛んでいた。
終了後、高3生に一鉢ずつプレゼントされた。

 お迎えに行くと、Bettyは「はいはい!」ってぴょんぴょん跳ねていた。Mrs.キックに我慢し続けるおトイレを心配していただいていたので、帰るなりすぐ洗面所に入れると、することをすませて・・・怒り出した。

 ギャオンギャオンってわめきながら家中を走り回り、ぬいぐるみを攻撃し、でんぐり返りをして、ママに飛びついた。 

 興奮が収まるまで待つこと数分。今度はぼくを迎えに行くからねって、パパとママが出かけようとすると、いつものようにクールに玄関で座って待機してたんだって。

 さて、ハリィ家に「こんにちは~」って入ってきた人間を、ぼくは玄関からにらみつけた。暗くて誰なのかよくわからない。Mr.ハリィはお使いで留守だから、ぼくがハリィ大王とMrs.ハリィを守るしかない!

 「わんわんわん!」生まれて初めての威嚇の吠え声だ!でも、侵入者はママだった。

 どこの家の坊やなのかなあって、みんなに笑われたらホッとして、お漏らししちゃったよ。しかも大量だ!

 家に帰ったら、Bettyが玄関で待っていた。

 やるぞ!もういいこはやめた!!
 もう、めちゃめちゃ2匹で暴れまわった。パパもママも疲れていたので、なんでもいいやってバトルし放題。怪我してもしかたないぐらい戦った。

 いろいろなことがあった1日だった。ぼくたちがんばってよそのお宅でいいこにしていたんだ。すごく緊張してご心配かけたり、失敗したりしたけれど。

 本当にありがとうございました。過保護のまま育っちゃったBettyには、特にいい経験なんだって。いろいろな経験を若いうちにさせてもらえるのは本当に幸せだねってパパも大感謝している。ぼくも能天気に見えて、少しは成長したってわかってもらえたかな?

 また、チャンスをいただけたらお邪魔します。どこでもおトイレができるようになるのがBettyの課題。そして脱力してお漏らししないのがぼくの課題。そして日焼けして乾燥した顔をなんとかするのがママの課題。