Pages

10/29/2010

Cryptorchism in Dog

 わたしは弟思いの心優しき姉Betty。

 Dennyが動物病院に行ってきた。帰ってきた時の匂いでわかったから、今度はわたしの番!なんてお散歩の時のように騒いだりしない。

 7ヶ月のDennyの体重は28kg。フィラリアの薬がまたサイズアップした。先月よりも2kg増加で、背骨や肋骨、腹部の脂肪の手触りから、ちょうどいい体型とのこと。太ってもいないし、やせすぎてもいない。ママの手作りごはんは実に適当な目分量だけれど、いい線いっているんだね。完全に切り替えてから、もう1月半くらいかな。

 ただ残念なことに、懸案の片方の停留精巣については変化なし。実はDennyはひとつだけしか降りていない。
 今日も先生にいっぱい触って調べてもらったけれど、どうもどこにあるかわかりにくいらしい。


 おそらくもう自然に降りることはないだろうから、来月の末にもう一度診ていただいて、年内に両方摘出手術をする。そのままにしておくと、後年悪性腫瘍となるリスクがものすごく高いらしい。男子もいろいろ大変なんだね。

なにも知らないで、のんきな坊やですこと。

 腹部にある場合は、わたしたち女子と同じように開腹手術が必要なんだそうだ。しかもその精巣は十分に成長していないから、場所をレントゲンなどで確認しにくいとか。パパはそのお話を聞いていたら、また気が遠くなってきたらしい。男同士だからって感情移入し過ぎだってば。わたしたちの時は、けっこうあっさり手術させたくせに。

 普通の去勢手術は日帰りで済むんだけれど、やはりひと晩お泊りとなる。わたしもそこにお泊りしたから大丈夫。先生方も看護士さんたちもやさしいんだから。


1年前のわたしの術後パジャマ。
ママはすごくかわいいバスタオルで
お願いしたんだけれど、
わたしの動きが激しくて
翌日にはぼろぼろに裂けた。

 わたしの避妊手術のとき、Cookieみたいにショックとダメージで1日はひきこもるだろうと思われていたらしい。甘く見ないでよ。


 病院からの帰りにはマンションの駐車場で、パパが止める間もなく車からジャンプをして飛び降りてしまった。意外に痛くて「ぎゃっ」ってうめいたら、傷口はどうなの!ってママが貧血を起こしそうになったらしいけれど、平気だったでしょ。

 家に入るなり冷蔵庫の前で座り込んで、わたしは必死に食事の要求を出した。まだ早いんだけれど・・・と、しぶるママに作ってもらったのが、つぶした小豆を混ぜた温かいおかゆ。もちろん一気に飲み込みましたよ。

 ちょうど1年位前かな。Cookieが一晩だけひとりっこに戻ったんだよね。

 ママは、Dennyが手術後帰ってきてから、わたしと暴れて大きな傷口が開いたりしないか心配している。具合が悪い時はお互いおとなしくしていても、治りかけの時が信用できないんだって。
 大丈夫だって。そんなお馬鹿な犬の話、聞いたことないでしょ。

今日はパンプキンパイも買ってしまった。
模試が続くAoaoにごほうび。

 気を取り直してコストコにお肉の買出しに出かけたママは、またコムタン麺もいっぱい買ってきた。
 ママは国産のカップ麺はすごく苦手なんだけれど、これは味もにおいもきつくないし後味も変じゃない。辛くないコムタンスープ味で体が温まる。風邪でだるい時も食べられるかも。

 わたしたちには手作りごはんで、Aoaoにはコストコのあれこれでいいのかな。いいんだって、もう自分で勝手に選んじゃう女子高生だから。

2 comments:

モンタ さんのコメント...

コメント遅くなりました
リュウ停留精巣だったのですよー
なので傷がお腹の方にもあります。
先生はやはり腫瘍の話をして下さって
去勢手術をすることにして良かったですね
と一番におっしゃいました。
その時あまりに私が心配な顔したのか、
決して珍しくない事、手術は簡単な事色々説明してくれました。
メルも日帰りだったので、リュウも日帰りです。
カラーはしっかりしてます^^;
土曜日薬飲み終って診察、すごく順調でもう安心らしいです。
でもお腹に傷もあるので、メルと同様抜糸までは油断しないで、リュウには頑張ってもらおうと思っています。
デニー君も頑張ってもらわなきゃですね。
いいパジャマ作ってもらえるといいね。

hassaku さんのコメント...

モンタさん

リュウくんもお仲間だったのですね。
順調なご回復とのこと、
本当によかったですね。
とても心強く感じています。
我が家の臆病なパパも
きっと安心することでしょう。

ご近所の英ゴルの大先輩ハリィ君
14歳もかつてそうだったとか。
どうやら片方だけの男子は
おりこうさんが多いそうですよ。
リュウ君もDennyも
おりこうさんに療養できますように。