Pages

10/15/2010

Supernatural!

 わたしは永遠のパピーフェイスのBetty。Dennyはますます悪魔の顔をするようになった。

 お散歩の時、ママはご近所のみなさんに「2匹一緒に仲良く遊んでいるの?」ってよく聞かれる。みなさんのイメージはたぶんこんな感じ。


わたしたち仲良し姉弟。
確かに。
でも、仲良しのイメージが
人間とは違うみたい。
 おもちゃの取り合いっこもしちゃいます。
こんなふうに。ほらほら。
うそです。
これはバトル後、
ぐったり疲れ果てている時。

 わたしたち、基本的にごろごろ寝ているか、激しくバトルして遊んでいるか、どちらか。もちろん寝ているほうが圧倒的に長い。ああ、Dennyが単独でいたずらしている時もあるある。

 これをママがいくら説明しても、実際に見ないとわからないでしょうね。しかもDennyの体がしっかりしてくるに従って、スピードも動きも激しさを増してきた。体が大きくなりすぎて隠れる場所なんかなくなったので、とことん戦うしかない。
 まだDennyが小さかった頃、我が家に来てバトルの様子を見てくれたみなさん、あの頃よりもかなりひどくなりましたよ。

やっぱり朝と夜、
ごはんの前が一番燃える。
はじめはおもちゃの取り合い。
やがて肉弾戦。
基本的にわたしが誘う。

  ソファはジャンプ台と化して、背もたれをキックして飛び降りる。わたしは無駄なく直線的に動くからすごく早い。Dennyは大きく弾んでジャンプするから妙な迫力がある。意外に足腰強いんじゃない?巨大な黒いものや白いものが部屋を横切って飛んでいる。
体のコントロールが甘くて、
あちこちにぶつかるDenny。
Dennyがぶつかってきて
家具にぶつかるママ。
青あざがいっぱいですね。
 
うなり声をお聞かせするには
ビデオを撮らなきゃいけないんだけど。
低いうなり声を出すのはわたし。
まさにスーパーナチュラル。

 わたしたちは高いところがエライところと認識している。つまり自分が大きくなったと言いたいわけ。だから、たいていDennyは椅子の上から挑発する。(もう十分大きいのに。)抱っこされた弱虫の小型犬が勘違いして吠えるのって、これ。

 アメリカのTVドラマではヴァンパイアやモンスターが超高速の襲撃をする。その顔つきはまさに獣の攻撃そっくり。そうです、しわの感じがDennyにそっくり。

 彼らの血の中にはオオカミやクマなどの獣とも戦ってきた記憶があるから、これを恐怖の表現として使うんだろうね。


わたしが負けそうになると
ママは絶対味方してくれる。
パパはDennyかな。

 実際のところ、わたしはDennyに頭をすっぽり噛まれてよだれだらけ。おかげであちこち痒いし、わきの下は赤いみみずばれができている。
 まあ、わたしもDennyの前足を噛んで左右に振り回すので、そこに血豆なのか湿疹なのかボツボツできているから、おあいこでしょう。

 でも、本気でけんかしてはいない。それがなぜか人間たちもわかるらしい。
 あまりうるさいと「おいで~」って集合がかけられる。おやつがもらえるので、即ママの足元に整列。でも食べ終わったら、またやる。断続的にごはんをもらえるまで続くかな。 

 というわけで、確かにわたしたち仲良しです。一緒にとことん遊びます。ママ、ぼやぼやしていないで動画を撮らないと。