Pages

10/26/2010

Our Dinner Show


 わたしはひとかけらも残さずきれいに食べるBetty。Dennyは感謝の気持ちが足りないのか、食べ方が甘い。人間も犬もごはんつぶひとつも残してはいけない。

 自分たちのごはんを用意している時はわかる。その時はキッチンカウンターに前足をかけて、真剣に見守っても注意されない。作りおきを電子レンジで温めて混ぜるだけだから、火も刃物も使わない。
 でも、口や手を出したらものすごく怒られるのは予想できるので、精一杯背伸びしてわくわくしながら見ている。

 そのわたしの首筋にからんで飛び跳ねて吠えまくるDenny。けっこう痛い。反撃する心の余裕がないのがわかるのよね。

 さて、おとといママが持ち帰った新しいごはんスタンドには、ひとつだけ欠点がある。

 食べている時
わたしは集中しているけれど、
Dennyはちょっとした物音で振り返る。
つまり、その度に
ごはんが円を描いて飛び散るわけ!

 それは、このわたしの食べる勢いによってガチャガチャと音が鳴ること。特に一足先に食べ終わるわたしの最後の仕上げ舐めがすごい。ビビリDennyはその迫力に腰が砕けて、自分の仕上げをしないまま席を立つ。従って10つぶほど、ごはんつぶやら野菜やらを残してしまう。これがママは不愉快なんだね。

 もしやごはんの後に手足をなめるのは
うちの犬たちだけですか?
猫のように、しかし超高速でなめますけど。
おやつのヨーグルトでもなめますが。

 毎回付属のクリップで固定すれば鳴らないはず。しかし、毎回毎回2匹にマテをさせて、ボウルを2つセットして、大きなクリップをはめ込んでぐるぐると固定した後に、ヨシ!の号令と共に食べさせて、またクリップをぐるぐるとはずしてボウルを片付ける、なんてかったるいことをうちの家族がやるはずがない。

 どうしても2つポン!と置きたい。

 こうなったらDennyが慣れるのを待つ、無理なら布巾を一枚はさめば金属音はしないはずと考えて、しばらくはこのまま試すことになった。 

 1日3回、わたしたちのお食事つきショウタイムが繰り返される。相当の大騒ぎだけれど、元気な証拠だからいつまでも続きますようにって、ママはちっとも怒らないんだよね。

ごはんの後ひとりでもりあがって
ぬいぐみやクッションにマウントするのは
Cookieと、なぜかわたしを飛び越えてDenny。
わたしはこんな下品なことしない。
2匹ともこの時しかマウントしません。
これも他の犬はやっちゃいますか?