Pages

10/22/2010

Therapy Dogs

 ぼくは寝てばかりいるわけにいかない思春期寸前のDenny。

 夏までは日中も実によく寝ていたけれど、今は時々体がむずむずするくらい活動的な気分なんだ。散歩に出ても、早く帰ろう帰ろうって甘えていたのがうそみたいに、どんどん進みたい。もちろん怖いものは怖いけれど、好奇心がぼくを誘う。わくわくするんだ。

 ぐっと寒くなってママはいつものように風邪を引いて、きのうからごろごろ寝ている。今回は鼻水から始まって頭痛と胃もたれらしい。

 人間よりちょっと高い犬の体温と
その安らかな寝息は、
軽い風邪なんか追い払う。

 もっと体が頑丈だったら、こんな風に犬と家でのんびり暮らしていなかったかもって言うけれど、じゃあ、あの怖~い顔を会社でしていたのかな。みなさん、本当によかったですね。ぼくたちが受け止めておきますよ。

 CookieやBettyはこんな時弱ったママにくっついてしんみり寝ていたらしいけれど、ぼくは長時間は無理。「遊ぼう!」って、すごく真面目な顔でママの顔を覗き込んで吠えてしまう。寝ているときはしないよ。起きているのがばればれなのに、寝たふりしている時さ。

ママ、狸寝入りはやめて、
遊んでもらおうじゃないか!

 するとBettyまで盛り上がっちゃって、もう収集がつかない。何だ、ママに合わせておとなしくしていただけなのか。さあ、やるよ、やるよ!

 治りかけのすかっとしない気分の時は、犬の散歩でだるさを発散するのが一番。Bettyで体を温めて、ぼくでひと汗かく。
 途中で英ゴルのハリィ大王やミニピンのマカ王子様に謁見したり、バーニーズのマダム・メイも会ったね。ママもいろいろな人間と立ち話をするうちに、気が紛れてきたみたい。もしやみなさんに風邪をうつしていませんか?

 高揚した気分で家についたものの、やはり風邪は風邪。ママは結局すごく疲れてぼんやりしている。Aoaoもママからうつった気がするってだらだらしている。

 どうでもいいけれど、ぼくは元気。Bettyも快調。さあ、早くごはん炊いて!