Pages

8/25/2010

Dog Walkers

 ぼくは、ちょっぴり気の弱い大物Denny。

 ママが昨日のブログでばね指のことをぐずぐず書いていたら、頼もしい助っ人が2人も現れた。Mrs.ハリィとMrs.キックだ。ぼくたち2匹の夕方の散歩をしてくださるって。

 薬も効いてほとんど痛みもないけれど、ママはありがたくお気持ちに甘えることにした。それに、ぼくたちに家族以外の人にもなじめるように育ってほしいので、これはとてもいい経験にもなるんだって。

 のんびり過ごしている英ゴルのハリィ大王や、この夏お空に行ってしまったハスキーのキック女王のパピー時代以来、おふたりは10数年ぶりのやんちゃな犬たちとのお散歩だ。修行中のぼくたちがご迷惑をかけたらどうしようって、ママはだんだん気になってきた。

 お忙しいのに、暑いからと日が暮れてから誘いに来てくれたよ。実はママもついていきたかったけれど、たぶん邪魔になるからね。Aoaoとベランダから見送ってくれたらしい。

ばね指矯正ギブスのせいで
ちゃんとカメラが持てないママ。
かなりぶれています。

 お散歩がうれしくてどやどやと外に出たものの、気がつくとママがいない。ちょっと不安になってしまった。Bettyも後ろを振り返ってばかり。やっぱり、歩きたくないよ、帰る。帰るんだ。

 でもね、楽しそうなおふたりに励まされて、おやつももらって、だんだん調子が出てきた。Bettyもけっこう楽しそうだ。太陽もすっかり沈んで、そんなに暑くないし。
 先輩犬たちにも会えたしね。飼い主さんたちは驚いていたらしいよ。この人間と犬の組み合わせは意外でしょ。

 30分後、心配性のママが帰ってくるところをベランダから見ていたら、ぼくたちとても上手に歩いていたって。さすが大型犬のエキスパートたち。ぼくたちはすっかりなじんでいる。
 パパが聞いたら、がっくりだね。ぼくがパパとは素直に歩かないから、気にしていたものね。まあ、いろいろ事情があるんだよ。

 待っていたママは、まるで年少さんを初めて幼稚園に送り出した気分だったらしいよ。Aoaoもいつまでもベランダからぼくたちを見ていたんだって。へえ、やさしいじゃん。

 戻ってきたおふたりは汗びっしょりで、本当にお疲れさま。ずいぶん気を使ってお散歩してくださったんでしょう?ひたすら感謝感謝の出来事だった。
 また機会があったら、どうかぼくたちと一緒に歩いてください。

夕ごはんを食べて熟睡中。
今日もいい1日だった。満足、満足。

 お留守番してくれたハリィ大王、ありがとう。またあの原っぱでお会いしましょう。お空のキック女王、Mrs.キックと一緒なら安心して歩けます。どこまでも進んで行けそうだよ。
 みなさん、どうもありがとう。

2 comments:

peaceママ さんのコメント...

ママさん大丈夫ですか?
手を動かせないのは辛いですよね。。
でも、ご近所さんが散歩に行ってくださるなんて、本当に素晴らしい環境ですね。
無理なさらず、お大事になさってくださいね・・・

hassaku さんのコメント...

peaceママさん

ご心配おかけしました。
運動神経がまるでない私は
力の抜き方もわからないようで、
お恥ずかしい限りです。

その分、「犬運」には恵まれているようで、
心強い仲間に助けていただいています。
peaceママさんにこうしてご心配いただけるのも、
とてもうれしいことです。
ありがとうございます。