Pages

7/25/2010

Crocodile Dundee

 ぼくはタフな野生の男、Denny。
きのう我が家にやってきたワニには、Babyワニがくっついていた。30cm足らずの地味な顔の赤ちゃんワニに、ぼくたち2人は夢中になった。巨大ワニは十分存在感があるのに、もう注目されない。

 Cookieと同級生のラブ仲間の飼い主さんたちが、うわさのゴールデンのでっかい幼児、つまりぼくを見学に来た。

 ぼくはラブよりずいぶんテンションが低くて扱いやすいと、ママが吹聴していたらしい。

 しかし、大型犬の子犬を見ると興奮してしまう性分の人間たちが3人もそろうと、犬だって影響を受けますよ。同じくサービス精神満点のBettyと、エンジン全開でリビング中暴れまくってしまった。

 ちっともおとなしくない巨大な子犬をお披露目してしまったね。
 興奮しすぎないように、ぼくたちの呼び戻しをするママ。2匹ともすぐ集まって見事に決まるんだけれど、すぐバトルは再開される。

気の毒なBaby。
人気者はつらいね。

 らら&あんずのラブ姉妹の飼い主さんまで、延々続くバトルにずいぶん驚いていた。11歳のららは生意気な行動をそうそう許さないし、2歳までもう少しのあんずはすぐ降参するんだって。意外だなあ。

 やっぱり、2歳の娘と4ヵ月の幼児の遊びは激しいのかな。女子同士と男女だと違うのかな。
 しかし、CookieとBettyはもっと過激でワイルドだったらしい。ゴールデン相手だからこんなものだろうと思い込んでいたママは、ちょっとどっきり。

 でも、お客さんがいるとはしゃぐ人間のこどもと同じだよ。いつもはこんなに長時間しないもの。
 みなさんが大笑いしてお帰りになったとたん、ばったり倒れて寝ました。ママも相当疲れたね。