Pages

7/03/2010

Parental Testing

 ぼくはこの家のパパと似ていると思うDenny。

 Aoaoの学校の保護者会から帰ってきて、へとへとのママ。ぼくたちはパパとお留守番していたんだ。

 人間のお母様用の服から、犬のママ用の服に着替えようと寝室に入ったとたん、パパの叫び声が響いた。
 「あ~、デニ男~!ママ~!ママ~!」
 ひとつ年上の人間の男の母親になった覚えのないママは、ものすごく不愉快なモードでリビングに急行した。

カバーの下にしみちゃったねえ。
すぐにぼくを抱き上げれば
おしっこ止まっちゃうんだよ。 
まあ、重いけどさ。

 ごめん、ちょっとパパとはしゃいでたら、ママのお気に入りの羽毛ドッグベッドにお漏らししちゃったんだ。でも、これはぼくの責任じゃなくて、パパのせいだよねえ、この家ではさあ。

 ママの予想通り、お漏らしされたドッグベッドを前にパパは呆然と座り込んでいた。おしっこはどんどんしみていく。ぼくは状況をじっと見守っている。
 ぼんやりしていないですぐ動くべし!と厳しい指示が出され、パパは後始末に追われた。いつもどおりの展開だ。
 ママは20年間パパを甘やかさなかった。でも、あまり進歩もないらしい。

 けっこうやばいね。
次は気をつけてよ、パパ。

 パパは、ゴル系の男だよね。ラブ系のママには、ぼくたちのノリがわからないんだよなあ。

 だから、パパといると気がゆるむのかな。前回の失敗も、パパと遊んでいる時で、パパのベッドの上でだよね。あの時も、ママが来るまでのんびりしてたでしょ。ねえ、ぼくと似てる気がしない?

Bettyは、ぼくがこの頃しつこいからって、
すごく怒っている。
お散歩直前は荒れるのが子犬でしょ。
隠れたいけれど、もう入りません。
パパと一緒に受けて立つしかないんだ。