Pages

6/25/2010

Gorgeous Wakame

 わたしは、なんでも食べるBetty。
 ごはんを残したことが一度も無い。ゆっくり食べたことも無い。

 去年の話だけれど、わたしは避妊手術から帰宅した時、直行した冷蔵庫の前から動かなかった。(Cookieの時は、手術のショックでケージに引きこもっていたらしいけれど。)
 「ごはん!」
 ママは消化がいいようにと、おかゆにやわらかくゆでた小豆をつぶして混ぜてくれた。
 「肉!」
 Aoaoならそういって怒るけれど、わたしは日本語がしゃべれない。

こんなわかめ初めて!!

 先日Mrs.キックからいただいた立派なわかめが、今日のごはんの材料になった。
 Dennyはわたしのごはんのお肉や野菜を、パピー用のドッグフードに混ぜている。もちろんお汁もたっぷりかけてやわらかくしてから。いろいろな野菜は、みじん切りにして消化しやすくしている。心配性のママはうんちをチェックして、本当に消化できているか確かめてもいる。
 今のところ、わたしがよく食べる食材はすべて大丈夫みたい。今日は初めて海草が入ったわけだ。そう言えばセロリも新登場だよね。
 
Cookieと2匹でママの後ろで
黒いイルカみたいに飛び跳ねていた。
待ちきれないんだもの。
でもこの時はもう闘病中で、
ミキサーでさらに細かくしていた。

 数年前から我が家は手作り犬ごはん。Anny & Judy の飼い主さんは「ペット食育指導士」で、ママはなにかとご指導を受けている。なかなか始めにくい手作り犬ごはんも、身近に先生がいらしたら勇気も出る。

 もっとも、ママは手の込んだ犬ごはんを作るわけではなく、ありあわせの各種材料を細かく刻んで、大鍋でたっぷりのお湯で煮るだけ。
 超具沢山の牛汁、鶏汁、ラム汁、もしくはサーモン汁のローテーションって感じ。1日分もしくは2日分まとめて作って、約15分程度の調理時間。これをごはんの上にたっぷりかける。韓国のクッパってお料理と同じ。
 
私のごはん分けてもらっているくせに、
最近態度でっかくない??

 でも、Dennyはこれを混ぜるようになってから、フードを残さなくなったんだ。赤ん坊にもわかるんだね。