Pages

6/14/2010

Rainy Season

 わたしは雨の日には、あまり散歩をしてもらえないBetty。

けなげにお散歩の合図を待っている雨の日。

 わたしは、家の中でもずっと用を足せるよう、あえて連日決められた時間には散歩をしないで育てられた。もちろん普通は、毎日2回近所を散歩したり、ドッグランに行ったりしている。運動不足のラブなんて、人間は恐ろしくて飼っていられないはずだ。
 確かに外でいつも済ませたら、犬の本能に合っているし、家の中はきれいだ。トイレシーツもいらない。しかし、人間は散歩に連れ出す時間に縛られるし、天候の悪い日や、人間や犬の体調の悪い時はかなりつらい。

 Cookieの時は、いつのまにか「トイレは外」になってしまったらしい。そうなったら簡単には元に戻せない。台風の日も、みぞれの中も、たとえぎっくり腰になっても、入試の日でも、お葬式でも散歩に出たそうだ。
 ママには、それはそれでいい思い出らしい。同じく「外トイレ」仲間の犬の飼い主と、合羽や長靴姿で苦笑いしながら会うのも楽しいんだって。体の調子が今ひとつの頃も、トイレに出て犬友達に会うと、Cookieは楽しそうだったんだって。

退屈しているのはわたしだけじゃない。
悪い顔してるDenny。
 
 ともかく関東地方が梅雨入りした今日は、朝方に晴れ間をぬってちょっと散歩しただけだ。わたしはDennyと退屈しのぎに戦わなくてはならない。

Dennyのいたずらターゲット1

いたずらターゲット2
 木のおもちゃはどんどん減っていく。

 Dennyはわたしのイライラが通じるのか、次から次と餌食をみつける。ラグやマットは引っかかれ、糸を引きずりだされほどかれていく。糸状の長い繊維を飲み込むとよろしくないと思われるので、ほつれははさみでカットされ、ビターアップルが振りまかれる。

 すると、わたしたちの肉弾戦が炸裂。あまりにヒートアップする前に、ママは声をかけて集合をかけ、トリートで熱を冷ます。

 これを何度も繰り返す。興奮が激しいから、何度もおしっこ、子犬のおなかに合わせて何度もごはん。(もちろん、わたしもなにかしら食べる。)やがて意識不明になって、ぱたんと2匹で寝る。

 雨の日は、人間も犬もすごく忙しい。これなら散歩して気分転換させたほうが楽かもって、さすがのママも少々疲れたみたい。