Pages

6/04/2010

Harry's Puppy Nursery


 わたしは心配性のBetty。
ベランダのオリーブの花が咲いた。一株しかないから実はならない。もし、この花の数だけ実がなったらすごいね。

 今日ママは、Aoaoの学校のPTA委員会と懇親会で、午後いっぱい外出した。今年度で人間のPTA活動は終了だけれど、わたしたち犬の父母の会「さつきドッグラン」はまだまだ続くね。

 その間、Dennyはハリー大王のお宅にお願いすることになった。体重9.3Kgもある赤ん坊を安全に移送するために、なんと豪華カートでの送迎つき。ハリー大王は14歳。彼の足腰のために、Mrs.ハリーが用意したもの。喜ばしいことに、今は使わなくても大丈夫なんだって。
心配で、玄関の外まで出てきたわたしの尻尾。
11階からお見送り。Dennyの頭が動いてる。
 
玄関でじっと待つ。あの子は帰ってくるの?

 ハリー大王に謁見を賜り、一緒に寝て、一緒にお昼ごはんを食べて、ご近所のこどもたちにも会わせてくれたそうだ。元気に帰って来て、またしても寝ている。よかったね。ハリーご一家にちゃんとお礼が言えたかな、Denny?

 わたしはちょっと寂しかった。だから、帰ってきたDennyをがんがんと遊びに誘った。


どこかからごま油のにおいがするね。
ちょっとお腹がすいたね。